2017年09月02日

マッドドッグマックリーのガンをライトウェポンにする


ウェポンライトならぬライトウェポンを作ってみた。ただのライトです。弾じゃなくて光しか出ません。
ガワは古(いにしえ)のLDゲーム、マッドドッグマックリー(1990 American Laser Games)のガンである。実家に眠っていたのを引っ張り出してきた。アルミ合金製で言うなればフルメタルなので結構ずっしりくる。


中には受光素子とスイッチ、基板が収まっていた。


20代前半の頃はゲームセンターに入り浸っていた。ゲーマーだった。ある日突然入荷した大型筐体のマッドドッグマックリーはレーザーディスクゲームである。画面をガンで撃つ事で話が進んでいく。アメリカ製で元は英語なので日本語に吹き替えてあるのだがその独特の台詞回しが面白くて結構やりこんだ。難易度はそこそこ高く、パターンを覚えなければクリアは難しかった。もちろん抜き撃ちの技術もね。

その為かゲーマー達の激しいトリガーワークでガンが故障し、代わりに新品がアッセンブリーで送られてきたのでお古を貰い受けた。分解してみたらスイッチが接点不良になっていただけだった。


暇なときはホームセンターをぶらぶらするのが好きで、セール品とか覗いていたら単三電池×1本の1W LEDライトの出物(ELPA DOP-014BK)が大量にあった。その細さを見た瞬間にこれは例のガンの中に入るのではと閃いた。550円+消費税である。発売時の定価は3000円ほど。


LEDライトがちょい太かったのでガワの方をルーターで削った。激安ルーターはトルクが小さくて使いにくい。後日ちょっといいやつを購入することなる。安物買いの銭失いとはよく言ったものよ。


こんな感じでぴったり収まった。
明るさは50ルーメンくらい?かなりスポットな配光です。

左手にライトウェポン、右手にガスブロハンドガンでゲームに参加してみたけど重くてたまらん。セーフティで話のネタにするのが正しい使い方だったのは言うまでもない。


YouTubeにプレイ動画があった。いやー懐かしいねぇ。

Mad Dog McCree (DVD-Japanese) マッドドッグマックリー DVD版 日本語音声
  


Posted by COM at 20:32Comments(0)Equipments

2017年08月29日

コンセプトは仕事帰りにふらっとサバゲー

まだまだ暑い日が続く今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

仕事して飯食って寝ての繰り返しが日常ならば、週末のサバゲーは非日常?
日曜出勤のあとにふらっと…な装備で参加してみた。

概ね3対3~2対2での殲滅戦、防衛戦がメイン。ローライトでの戦いが多く、足音には異常に気を遣う。ライトも効果的に使いたいし、大胆な切り込みと動きの読みあい等の心理戦も駆使しないとならん。

21時半ごろにフィールドマスター中村氏も参戦して特殊ルールでのゲーム回しをいくつか。スタート位置を入り組ませたり、スタートの合図の後誰かが金属板を撃ったらバトルロワイアル開始とか、言わば実験ゲームである。

経験豊富な強面ゲーマー(笑)の面子ばかりなのでそれはそれはとんでもなく濃密な数時間であった。

戦果はまさに撃って撃たれて。休憩中にお互いの戦い方を褒めたりヒット時の状況を確認したりと研究に余念の無い強面たち。相手の動きの読みあいにも繋がるし、コミュニケーションはより楽しむためにも重要よね。

ちなみに「ふらっとな装備」はいつものエアコキUSP+TLR-3(ウェポンライト)にフェイスガード付きゴーグル、グローブ、キャップ、マーカーとBB弾のみ。少人数でこそ活きるエアコキハンドガン遣いになるべく奮闘中なり。


  


Posted by COM at 01:10Comments(0)AirsoftUSP

2017年07月12日

利き目の話



皆さんトイガンの照準をする時はどちらの目で覗いています?
古くは私の彼は左利き…とかあったような気もするがどうやら利き目と言うものもあるらしく、右利きが多いから利き目も右だとは限らないようだ。勿論その逆も。

色々調べてみると簡易的な利き目判定のやり方があった。例えば数メートル以上先のものを凝視した後に指を差し、片目ずつ閉じてみてずれが生じないほうが利き目らしい…のだが、右手で指差すと右が利き目となり、左手で指差すと左が利き目になる。あれ?



言われてみれば左にスイッチしたときは無意識に左目で照準している。これって利き目がない、つまり両利きってことか。
若い頃から視力が悪くてずっとメガネユーザーなのだ(コンタクトは肌に合わなかった)が、左右ともほぼ同じ程度に悪いのが幸いしているのかもしれない。

折角左手に持ち替えても右目で覗いていたら顔がそのぶん壁(バリケードや遮蔽物)からはみ出してしまうことになるわけで、左のときは左目が理想ではある。
しかし肝心の射撃の腕は左だとボロボロなのであまり有利ってほどでもないのが現実であった。


  


Posted by COM at 00:11Comments(2)Airsoft

2017年06月29日

CAR-15の給弾不良



先日のKSDフィールド貸切戦(6/12)では全く思うような動きが出来なかった。そもそも長物の扱い方がヘタすぎた。そのあたりがずっと燻っていた今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

まずはダットサイトのゼロインが必要かと言うことでLAGOONへ調整に行ってみたらスプリングマガジンと多弾マガジンのフルオートでの給弾不良発生。どうやらタペットプレートの劣化でノズルが後退しきれていないのが原因らしい。

webで注文していたパーツが入手できたので朝からバラバラ殺人事件。メカボも全バラして完全洗浄、シム調整もやり直す。
肝心のタペットプレートは前部を削りノズルの延長効果を狙う。同時にセクターギアの軸に当たる部分も少々削る。webで得た知識を真似してみるのだ。
参考リンク:
タペットプレート: 秋田の武器商人ブログ
タペットプレート: XM16E1とかが好きなパカ山のブログ
エアガンカスタム カスタムM4(AR)の初速が出ないときはここをチェック!その2: さばなび
6.メカボ内部品を調整しよう: A&K製M249/MK46/PKM を自力で撃てるようにしよう

いざ組み上げて試射すると弾上がりは上々なれど0.2gでの初速が82m/sしかない。5m/sも低下しているではないかと言うことで長い戦いが始まるのであった。

再度ばらしてピストン内にスペーサーを追加してみたり、タペットプレートを削り直したり、シリンダー内のグリスアップをやり直したり、チャンバーとメカボの密着度を上げてみたりと悪戦苦闘して最終的に88m/sで落ち着いたのでこれで良しとする。気が付けば半日費やしていた。そりゃ腹も減りますよ。


知る人ぞ知るCAR-15は1998年頃購入。まだまだこいつで頑張るよ。



  


Posted by COM at 00:57Comments(0)CAR-15Maintenance

2017年05月31日

2017.5.28 RED LEAVESでの動画



月曜は筋肉痛に悩まされた私、何度もダッシュしたからか。専らインドア派なので普段のサバゲーで走ることは無いのだ。
しかし原点は屋外での撃ち合いであり遮蔽物も碌に無いのが当たり前だった。久々のアウトドアに少々ハッスルしてしまったようだ。昨年のオペレーションフォックスではまともにゲームした気がしなかったので(悪天候でゴーグルとメガネが曇って視界が狭すぎたのが主な原因)ノーカンであることは言うまでもない。

さてあまり表立って宣伝してこなかったが、ぼちぼちと動画を撮ってYouTubeで公開している。インドアだと薄暗いことが多くてしょぼいカメラでは何だか良く分からない動画になってしまう。まぁそれも雰囲気が出ていると言えよう。
今回は天候も良く風も強くなく中々鮮明な感じで撮れた。例によってほぼ無編集だがどんな感じのフィールドなのか見てもらえれば幸いだ。


2017.5.28 RED LEAVES リアカン殲滅戦 その1


2017.5.28 RED LEAVES リアカン殲滅戦 その2


2017.5.28 RED LEAVES リアカン殲滅戦 その3


2017.5.28 RED LEAVES リアカン殲滅戦 その4








  


Posted by COM at 20:59Comments(4)AirsoftExpedition

2017年05月30日

宮崎のRED LEAVESへ行ってきた



5/28は宮崎のフィールド、RED LEAVESを貸し切りでテーマはリアルカウント戦。HATO氏のブログ「レオニダス魂!!」にて開催予定だということは知っていた。
そのレオニダスの〇わ隊長とはLAGOONでよく一緒になる(何故か敵チームのことが多いけどね)。その辺の伝手もあって今回思い切って遠出してみた。

久々のアウトドア、初めてのフィールド。何処であってもいつもの自分の動きをすればよいだけの話なんて格好つけて言ってみたかったが期待と不安で中々寝付けなかったのはここだけの話。遠足前の小学生かよ。

高速をぶっ飛ばして1時間半で現着。共同主催者のBauer氏がお出迎え。ブログでその活躍は知っていたので是非会ってみたい人物であったのだ。やっとお近づきになれました。エントリーを済ませてぼちぼち準備していると続々と参加者が。私のように飛び入りも数名。物好きやね。

フィールドは横40mほど、縦80mほどかな?緩やかな勾配がある。片側には木立があり、要所要所に山積みタイヤやらバリケやら中央にキルハウス等の遮蔽物あり。上手く立ち回れば回りこめそうな感じ。いや、難しそう…。

結局レオニダスの方々も含めて総勢10名となった。ブリーフィングの後チーム分けをしてゲームスタート(殲滅戦)。運良く?レオニダス側へ編入された。初めてのフィールドでは勝手が分からんので色々やってみる。右から左から、中央から。思ったより広い。敵が見えない。お互い声を掛け合って動く。何となく攻め方が分かってきたような。

特筆すべきは午後からのゲーム。〇わ隊長と自然な流れで2マンセルになり、声を出し合って情報共有、牽制射撃、前線を押し上げ、援護射撃で敵、ダウン。これよ、これがやりたかったのだ。もう無茶苦茶楽しかった。これが数回出来たのだからたまらん。個人的戦果はさっぱりだったが満足すぎる出来だった。

ショートマガジンの20発は大してハンディには感じなかった。元々インドアではハンドガンメインでリアカンなのだ。流石にいつもの超近接での撃ち合いまでに持っていけなかったのがちょいと心残りかな。

参加者は皆それぞれのスタイルを持っていてうまく攻めているように感じた。本当にサバゲーが好きなんだね。ヒットに関してもクリーンだった。そして同好の士って奴はすぐに打ち解けあうのだ。ゲームの合間の会話も弾むものよ。

今回は貸し切り戦でありながらも参加自由で企画してくれたHATO氏、Bauer氏には感謝です。リアカン戦最高でした。人数もちょうどいい塩梅。
戦友たちよ、またいつかどこかのフィールドで会いましょう。


  


Posted by COM at 00:45Comments(4)AirsoftUSPCAR-15GLOCK18CExpeditionGLOCK19

2017年05月16日

グロック18C、不調

今回のテーマは「リアカン縛り解除」でマガジンはフルロード、東京マルイのガスブローバックG18Cにトレーサーも付けてフルオートのレーザービームをばら撒いてやろうと洒落込んだ。

同じチームにはもう一名のG18Cと他にもハイキャパエクストリーム使いも交えてまさにガスブロフルオートの饗宴であった。

ゲーム中は快調に秒間20連射を見せ付けていたのだが突然三点?バースト状態に。そしてハンマーがコックされない症状も。但しセミオートなら問題ない。スライドを外して他のG18Cと比較するとどうやら原因はハンマーローラーの破損のようだ。

ググって見るとやはりこの部品はよく割れるらしく、ステンレス製の強化パーツも出ている。しかしこいつを組むとブリーチのほうが先に磨耗しそうだ。

普段はフルオートは殆ど使わないので実質セミオートのみでも壊れるってのはどうなんですかねぇマルイさん。


  


Posted by COM at 01:33Comments(0)GLOCK18C

2017年04月26日

心斎橋のBRAVE POINTへ行ってみた

三連休があったのでちょいと旅でもしてくるかとさんふらわあで大阪へ。
フェリーは朝8時頃に到着した。午前中にぽっかりと時間が出来たのでスマホとにらめっこしていたら以前行ったことのあるインドアサバゲー店CQB Limitedの姉妹店であるBRAVE POINTが割と近くにあるので暇潰しに参戦してみた。


場所は地下鉄四ツ橋駅からすぐ。ビルの5Fと6Fになる。
今回遊んだ6Fのスタジオ「escape」はフロアーをまるまる利用した迷路のような構造。ちょっと迷宮街区の奥の方っぽいかな。とは言え結構狭くて薄暗い。壁際での出会い頭遭遇戦。床は足音が出るので音に対する緊張感が半端無い。それを軽減させるためか常に軽くBGMが流れている。


先客は一名、スタッフも交えて三つ巴、2対1、2対1での防衛戦、等々バリエーションに富んだゲーム回しであっという間に1時間半経過していた。
少ない人数でも飽きさせずに楽しませてくれるゲーム回しは好印象。最後の防衛戦ではスタッフの攻撃を退けたわけだが、彼女は滅茶苦茶悔しがっていた(笑)。


装備は全てレンタル。セットは電動ハンドガン、ゴーグル、軍手、ローダー、BB弾200発付き。エアコキは無いのかと尋ねるとスタッフの私物のUSPを貸してもらえた。使い慣れた得物が一番です。


店長のロビン氏と。残念ながらテナントの契約の関係で6月末までの営業だそうな。4対4くらいがちょうどいい感じらしい。確かにあの箱なら10人以上いたらカオスになりそう。それはそれで体験してみたかった。

それにしても、旅先でふらりとサバゲーできる環境っていいよね。  


Posted by COM at 22:44Comments(0)AirsoftUSPExpedition

2017年03月28日

増殖するウェポンライト


インドアフィールドでのライトの有効性には賛否あると思うが、私は光り物が好きなのだ。
気付けば数も増えてきたのでまとめてみよう。



自作ウェポンライト
秋葉原で投売りされていた小型LEDライト(GENTOS SP-239)を見た瞬間に閃いて作成したもの。最近はG36Cに付けたり、点滅モードにして閃光手榴弾のように使ったりしている。電池はCR123A×1本。明るさは150ルーメン。強、弱、点滅モードあり。



・SUREFIRE XC1
そのデザインと小ささと明るさと単4電池×1本仕様に惹かれてeBayで購入。遥々太平洋を渡ってやってきた。Glock19にジャストフィット。広角な照射パターンで200ルーメン。暖色系の色である。わかりやすく書くと黄色い。



・INFORCE APL
大きくて操作しやすいスイッチが特徴。ちょい押しで常時点灯、押しっぱなしで間欠点灯。ポリマーボディのデザインはGlockに良く似合う。Glock18Cに付けている事多し。電池はCR123A×1本。200ルーメン。眩しい。



・STREAMLIGHT TLR-3
独自レールのUSP用のアダプターがある稀有なライト。コンパクトではあるが、XC1ほどではない。勿論エアコキUSPに付けている。電池は一回り小さいCR2×1本。125ルーメンだが結構明るく感じる。SP-239と変わらん。



・XC1レプリカ(新型)
本物と見分けが付かない程よくできている。但し肝心のLEDはしょぼい。見た感じ50ルーメンくらい。常時点灯用の本体スイッチと指先スイッチでは明るさに差が出る欠陥あり。実用よりも雰囲気重視なら安いのでお勧め。



・リボルバーライト
1991年頃ゲーセンにあったLDゲーム「マッドドッグマックリー」のガンの中にハンズマンで叩き売りされていたELPA 1W LEDライト仕込んだもの。銃の形をしたライトそのもの。アルミ合金製でずっしり重い。トリガーを引けば光の粒子が初速30万km/sで発射される。電池は単三×1本。


ライト選びで共通していることがあるのに気付いた方は慧眼である。
そう、全て電池一本なのだ。
そしてコスト削減の為、充電池を入れている。リチウム電池は高いからねぇ。
一応被弾対策も施している。スマホ用の対衝撃フィルムを貼っているが効果のほどは如何に。  


Posted by COM at 23:35Comments(0)Equipments

2017年03月20日

ばら撒きゃいいってもんじゃないけど

さてG36Cライトプロにトレーサー+蓄光弾の組み合わせは弾の消費が半端無い今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

光る弾をばら撒いて相手方の動きを牽制するのが主目的のはずが、いつの間にやらトリガーハッピー状態に。これはいかんと言うことで、0.12gのトレーサーBB弾を大量?購入。BLS製1kg8333発で2210円であった。

到着後早速(実は2月下旬の話)LAGOONへ赴き実戦投入と洒落込んでみた。夕刻の濃い面子揃いの時間帯、フルオートが通じる筈も無く、戦果は惨憺たる有様。弾道に関しては結構散るねぇ。そもそも0.12gは安定しないのである。

結局は接近戦での勝負となるのは薄暗いインドアならではか。そんな時でも心置きなく連射できるライトプロの低威力。緑色に光るBBシャワーはギャラリー受けも良いようで。


  


Posted by COM at 19:49Comments(0)AirsoftG36C