2017年03月20日

ばら撒きゃいいってもんじゃないけど

さてG36Cライトプロにトレーサー+蓄光弾の組み合わせは弾の消費が半端無い今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

光る弾をばら撒いて相手方の動きを牽制するのが主目的のはずが、いつの間にやらトリガーハッピー状態に。これはいかんと言うことで、0.12gのトレーサーBB弾を大量?購入。BLS製1kg8333発で2210円であった。

到着後早速(実は2月下旬の話)LAGOONへ赴き実戦投入と洒落込んでみた。夕刻の濃い面子揃いの時間帯、フルオートが通じる筈も無く、戦果は惨憺たる有様。弾道に関しては結構散るねぇ。そもそも0.12gは安定しないのである。

結局は接近戦での勝負となるのは薄暗いインドアならではか。そんな時でも心置きなく連射できるライトプロの低威力。緑色に光るBBシャワーはギャラリー受けも良いようで。


  


Posted by COM at 19:49Comments(0)AirsoftG36C

2017年02月25日

G36Cライトプロでトレーサーを使いたい

ライトプロには14mm逆ネジのアウターバレルなんて付いていない。コストダウンだろう。強度の問題もある。
光物好きな私としてはどうやってトレーサーを取り付けようかと日々悩んでいた。

ふとフラッシュハイダー(軽く接着してあった)を外してトレーサーをあてがってみる。

サイズぴったりだな、と慎重にねじ込んで行くと…なんとねじ山の出来上がり。ねじ切りと言うか転造と言うか。
案ずるよりも産むが易しとはこのことであった。



ねじ山は少ないけど結構がっちり固定できているので手荒く扱わない限りは大丈夫そうだ。
そしてますますフロントヘビーとなるのであった。



2/19 LAGOON 防衛戦にて攻撃側でG36C+トレーサーを使う。最後はフレンドリーファイアでダウン。無念。


2/11のLAGOON 10歳以上戦(復活戦)にて。まだトレーサーは付いてないけど、G36Cのデビュー戦。子供たちの動きに四苦八苦。  


Posted by COM at 00:23Comments(0)AirsoftG36C

2017年02月13日

G36C(ライトプロ)導入、早速カスタムする



東京マルイのライトプロシリーズは言わずと知れた10歳以上対象エアソフトガン。エアコキオンリーでの運用が出来るのも魅力。と言うか、だからこそ購入するに至ったわけだ。いつでもコッキング出来るのでプリコック状態で初弾を送り込める。初速は遅いけどね。
0.12gで37m/s、0.2gで32m/sほど。サイクルは秒間10発と遅め。単三×5本だからだろう。

早速単三×6本仕様に改造した。分解して電池室のスペーサーを引っぺがして接点を移植。ABS板と両面テープ、はんだごてと瞬間接着剤を使用。手先が不器用な人にはお勧めできない作業と断っておく。
単三eneloop×6本での試射の結果は秒間13発とサイクルが上がった。もちろんレスポンスも若干向上。
電圧と電流の増加でのスイッチの焼けを考慮してモーターにはSBDを取り付けた。もちろん自作配線。またパーツを入手せねば。

付属の多弾マガジンはじゃらじゃらうるさいので分解して植毛紙っぽいものを内側に貼り付けてみた。これは本当に静かになる。ライトプロは多弾マガジンしか設定がないので音を気にするならば必須の改造かも。ただし、一部接着剤を使っているので分解には細心の注意と思い切りが必要。計ってないけど容量も減る。

前後アイアンサイト(プラ製だけど)をいつもの夜光サイト仕様にする。細めのドリルで軽く穴を開けてホワイトで塗装。乾燥後にはみ出した部分を拭き取り、ルミノーバを混ぜたつや消しクリアーを流し込む。乾燥後にはみ出した部分を拭き取って完成。手前側はもっと小さな穴でも良かったか(眩しい)。

後は…どうやってフルオートトレーサーを取り付けるか悩み中。


先日実際にゲーム(10歳以上戦、18歳以上戦ともに)で使用してきた。使用感はまた別記事にしましょうかね。  


Posted by COM at 19:40Comments(0)G36C

2017年02月01日

スランプに陥る

雑文のひとつも上げたい気持ちは山々なのだ。しかしながらちっとも文章が思い浮かばない。

ネタが無い訳ではない。年が明けてからゲームにも数回参加している。

予備の方で車を買い替えたことをちらっと書いては見たのだが、ミリブロ向きではないのでここでは触れない。

要するにスランプなのだ。アメリカの大統領が代わったのは関係ない(それはトラ以下略)。


さて。  


Posted by COM at 00:17Comments(0)Airsoft

2016年12月20日

エアーコッキング縛りの日



ブログのトップ画像が記事の閲覧数に影響するようだと気付いた今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

毎回何かしらのテーマを持ってサバゲーに臨んでいる。で、今回はエアコキ縛りだ。
去る12/17は予告通りマルゼンKG-9を持ち込んだ。エアーコッキング、カート式。30年ほど前に購入。無改造。
うちらの世代でこいつを知らないのはモグリだと断言できるブツである。カートレスに改造されてゲームで活躍していたものよ。
自作カートキャッチャーを付けてゲームしたけど…弾道は弓なりだし集弾性は悪いしジャムるしで全く使い物にならなかった。残念無念。

結局ハンドガンにスイッチした途端にヒットを稼ぎ出した。東京マルイのクオリティはたいしたもんだと改めて実感。
もっとも、どんなトイガンにせよ戦い方(使い方)次第なんだろうけどね。


エアコキGLOCK17で防衛戦の攻撃側。目指せエアコキ無双。


エアコキUSPにトレーサーを付けて殲滅戦。カメラの調子が悪くて後半尻切れトンボ。


おまけ:Steel Challenge "Roundabout"っぽいのを撃ってみた。もちろん、エアコキハンドガンで。




  


Posted by COM at 21:13Comments(2)AirsoftUSPGLOCK17KG-9

2016年12月15日

会心の一撃



12/11の日曜日はLAGOONへ。店に入るなり何か雰囲気が違うなと思ったらイチロー・ナガタ氏がいるではないですか。
我々の世代にとっては、とにかく凄い人。銃器の写真家であり、レポーターであり、シューターであり、タクトレもこなし、筆も取る。まさにレジェンド。びっくりしたなぁもう。握手してもらった。結構ミーハーである。
フィールド内で皆と集合写真を撮った時に、光の当たり方に気を使うところとか流石フォトグラファーだなと唸ったのはここだけの話。

さてゲームの方は中々盛況だった。殲滅戦、防衛戦に人数が減ってきてからはお馴染みのエアコキハンドガン戦など。
前半は久々に長物CAR-15を使い、G19等ガスブロハンドガンを経て後半はエアコキUSPに落ち着くいつものパターン。今回はエアコキ使いのU氏もいたので対抗して?いつもより早めにUSPにスイッチした。

総じて戦果は大したことなかったが、とある防衛戦での終了間際に会心の一撃が決まった。当てられた方(ドラムマガジン付きの電動ハンドガンG18C使い)がしきりに感心してくれたのが何かこそばゆかった。
エアコキハンドガンで中距離以上でのヒットが取れると嬉しいものよ。

長物、ガスブロ、エアコキとトレーサーを付け換えて発光弾を使ってみた。兎に角目立つので評判がいい。ヒット率も上がるような、上がらないような。ハンドガンでは取り回しが悪くなるのはご愛嬌。



次回はエアコキ縛りでこいつを持っていこうかなと思案中。  


Posted by COM at 21:02Comments(0)AirsoftUSPCAR-15

2016年11月29日

調子の悪い日もある

先日の東京マルイフェスティバルで「2017 ガスブローバック続々登場予定!」なんて銘打って待望のG19のモックアップが登場していたけど残念ながらGen3だし、そもそもいつ発売されることやら。USPも好きな銃であるがエアコキで充分な気がしてきた今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。


雨の日曜日はLAGOONへ。
久々にWAのリコイルを楽しもうかとパラオーディナンスH.R.T.スペシャルを二丁(RタイプとSCW1)持ち込んだはいいが、戦果が全く挙がらない。とにかく弾が散る。そもそも弾道が安定しない躓きホップシステムではあるが、強烈な反動を抑えきらないから当たらないのか。分かってはいたつもりだがここまでだったかと。東京マルイとそのコピー製品(WE、KJ)の出来は思ったよりも良いのだと再確認させられた。
しかしマグナブローバック+ハイキャパマガジンのリコイルは癖になること請け合い。涼しくなってきてもガツンガツンくる。一応目的は果たせた訳だ。

後半いつものようにエアコキUSPにスイッチしてからはそこそこであった。要するに銃の特性に合った動きができていなかっただけなのかね。必中の距離に詰めて撃つ、それだけのこと。それが難しい。だからこそ面白いわけで。

ゲームは殲滅戦、防衛戦、人形争奪戦(復活あり)など。
今回もまたエアコキハンドガン戦ができてよかった。レンタル用エアコキハンドガンも増えてきたようで何より。但し0.2gを使うと弾着が上に行くので要注意。


どうしてもウェポンライトが使いたくてレイルアダプターを付けてみた。強烈なリコイルでアダプターがお辞儀するので両面テープも併用してある。なんとかしたい。
  


Posted by COM at 00:07Comments(0)AirsoftUSPWA

2016年11月15日

KJ G19、HWスライドのブルーイング



KJ WORKS製 GLOCK19の日本仕様はヘビーウェイト素材のスライドが載っている。こいつをブルーイングしてみた。
やり方はwebでググれば色々と出てくるので割愛。






敢えて鏡面まで磨かずに粗めの仕上げを狙ってみた。ゲームで使っているとすぐに傷だらけになるし。
ちなみにこのウェポンライトXC1はSUREFIRE純正の方。レプリカと見分けるポイントはリフレクターと”XC1”のロゴが少々違うことぐらいかな。
マガジンはWE製のG19用をセット、ちょっと長いので実銃っぽくなる。ガスの放出量が多いようで初速も速い上にブローバックもガツンとくる。KJ純正よりも装弾数も多いし価格も安いのでおススメ。


これはブルーイング前の画像。比較するともろにプラスチックっぽい。
こちらはのライトはレプリカXC1。この角度だと見分けが付かない。残念ながらLEDは暗いが目眩ましには充分使えるレベル。安価なので雰囲気だけ楽しみたい方にはおススメ。  


Posted by COM at 00:35Comments(0)GLOCK19

2016年11月11日

エアコキハンドガン戦を広めたい



LAGOONでは18時以降に人数が減ってくると特殊ルールでのゲームが行われる。暗闇戦、狐狩り戦、野菜or人形争奪戦、スパイ入り防衛戦、野菜チャンバラそしてエアコキハンドガン限定戦。

いつも後半はエアコキUSPがメインなので待ってましたと言ったところか。かと言って無双できる訳でもない。戦い方にそれぞれ個性が出るので一筋縄ではいかないのが面白い。待ち伏せに切り替える人、積極的に動き回る人。突っ込んでいくスタイルそれは私。

エアコキハンドガンの不利な点は咄嗟の連射が出来ないことぐらいではなかろうか。ロングレンジでも良く狙えば当たるものだ。インドアなら風の影響も受けないので尚更。但し初速が遅めなので避けられる可能性も。遭遇戦になりやすいLAGOONでもやはり必中距離に詰めることが重要だ。いやー難しい。


2016.11.6 LAGOONでエアコキハンドガン限定、2対2での殲滅戦。うちのカメラは暗所に弱いので画質は粗い。


因みにエアーコッキングハンドガンでUSPにこだわる理由は、ライトが付けられる(レールがある)から。SOCOM Mk.23はでか過ぎるので却下。
マルイさんそろそろエアコキの新作出してくれませんかね、グロックのGen4フレームとかどうでしょう。とにかくレールつきの奴。  


Posted by COM at 19:27Comments(0)AirsoftUSP

2016年10月26日

WEグロック18C Gen4のマガジンキャッチを改良する


朝晩だいぶ涼しくなってきた今日この頃。だんだんガスブローバックハンドガンには辛い季節に。もっともメインはエアコキUSPなのでガスもBB弾も消費が少なくて経済的。並み居る電動長物を相手にエアコキハンドガンでヒットを取るのが楽しいのだ。


さて本題。グロックのGen4フレームではマガジンキャッチが大型化された。しかも左右向きを入れ替えて使える(実銃の話)。
うちのWE製のものはオールプラで出来ているのが悪いのか削れてきたのか、ちょっと触れるとマガジンがすとんと落っこちる。ゲーム中ホルスターに入れていてもふとした弾みで幾度も落とす羽目に。
これはいかんと言うことで改良を試みる。

東京マルイG18Cのマガジンキャッチは金属のインサートが入って耐久性もよさそうなのでこれをベースにする。

まずは右側面が数ミリ長いのでやすりで削る。金属ごと削るので結構気長な作業。
左(セレーション)側は延長する。あらかじめ型取りしておいたものに必殺プラリペアを流し込み、溶着。溶着面はやすりがけして荒らしておくと強固に一体化してくれる。一昼夜は乾燥させるのがポイント。


乾燥後はバリを取ってペーパー掛けして出来上がり。左からWE Gen4用、改良型、東京マルイG18C用となる。


接合面がちょいズレ気味で気泡も入ってしまったが、ぱっと見はわからん…かな。掛かりが深くなったようで、ちょっと押しただけでマガジンがリリースされることはなくなった。これで心置きなくホルスターで携行できる。


ついでにKJ WORKS G19のマガジンキャッチもG18C用に入れ替えた。こちらは何の加工も必要なし。
G22用とかG34用(ちょっと長い)も使えると思われる。  


Posted by COM at 20:33Comments(0)GLOCK18CGLOCK19