2018年04月27日

USPのカスタムについて(その3)

ガスブロUSPを入手してもやはりメインはエアコキだ。


長く使い続けている東京マルイ USP エアーコッキングモデルであるが、遂にスライドが割れてしまった。材質はポリアセタール、俗に言うジュラコンっぽいので接着は出来ないと思って間違いなかろう。

これで購入当時からのオリジナルパーツはアウターバレル、インナーバレル、ピストン、ピストンカップ、シリンダー、スプリングだけになってしまった。フレーム一式その他は既に予備と交換済み。ホップアップパッキンは2個目(3個目かも)。


ここまでのカスタムポイント:

・前後サイトに3ドットを入れ、ホワイトを入れてからルミノーバを塗布して蓄光仕様に


・一部刻印にホワイト、レッド入れ


・チャンバーカバーがスライド上面と面一になるように加工


・スライド内部とチャンバーカバーの摺動面をスロープ加工し磨く(コッキング始めの引っかかり解消)


・残弾チェック用にマガジンに穴を開ける(リアカン戦とかで有難みが分かる)


・ウェポンライト装着(TLR-3、現在はTLR-1S)
Streamlight TLR-1Sは付属のキーを外すとあつらえたかのようにUSPの独自レールにすっぽり嵌まる。ライト後部のスイッチ上の出っ張りがトリガーガードに当たって前後の動きも皆無。勿論スイッチの作動も妨げない。
ガスブロUSPだと若干レールを噛むので少々傷が付いても構わないのならいける。


・マガジンキャッチの角を僅かに丸める(素手で握るとエッジが痛い)


・マガジン内のおもりを一つ取り除いてぷち軽量化


・チャンバー(アウターバレル)とシリンダーの当たり面を面取りして気密確保(効果のほどは?)


・シリンダー内部にシリコングリスをべったり塗ると動きを妨げるのか初速が落ちる。ごく薄く塗るかシリコンオイル潤滑が吉。


・トレーサーを使いたくて11mm順ネジを切って(プラリペアで作って)いたがぶつけた拍子に崩壊すること幾重なのでもう放置プレイよ。とほほ。


・お世辞にも良いとは言えないトリガープルの改善は色々試したが無駄に終わった。最後にしなるあの感触はトリガーそのものを金属製にすれば改善されそう。但しガスブロ用は加工が大変っぽい。


・ウェポンライトを装着しているとホルスターは悩みどころ。アジャスタブルなナイロン製もいいけどカイデックス製はリホルスターがやり易いのが利点だ。Safariland 6378ALS glock20/21&ウェポンライト用のものは加工(内側の二重になった部分のカイデックスを一部切り取る!)すると何とかいける。TLR-1Sだとかなりきついけど。きちんとロックも掛かる


東京マルイのガスブロUSPはスライドもスムーズに動いてよく当たる。質感も高く、弄るところが無いとも言える。待った甲斐があったと言うものだ。でもやっぱりお気に入りはエアコキの方。また予備を入手しておかなきゃ。  


Posted by COM at 13:59Comments(0)USPMaintenance

2018年04月07日

KJワークス G19のカスタム沼と工作機械



外観を大きく変えるようなカスタムは好みではないのでスティップリングやら肉抜きされたメタルスライドとかは無いよ。

ヘビーウェイトスライドのブルーイング
・スライドストップノッチ欠け防止の真鍮棒追加
・前後サイトの3ドットにルミノーバ(夜光顔料)を塗りこむ
・コッキングインジケータ再現のために東京マルイグロック17のパーツを流用
・東京マルイグロック18Cの金属インサート入りマガジンキャッチ
・ガーダー製リアル刻印フレーム
・東京マルイグロック26用トリガー&トリガーバー
・東京マルイグロック17用アウターバレル(中古)を短縮加工、主に軽量化に貢献
・インナーバレル先端を黒染め
・インナーバレルとチャンバーとのガタ取り、気密アップ
・スライドの動きを良くする為にブリーチを研削
・14mm逆ネジ付きアウターバレル、トレーサー使用時のみ交換


最近嵌っていたのがABSスライドへの換装。どうせ軽くするならばとガーダー製の軽量アルミブリーチにしてみたがこいつが鬼門でポン付けと言うわけには行かなかった。スライドきつくて全然動かない。

webで検索した先人の知恵によるとスライド内壁に接する上部をフライス加工すると良いらしい...がそんなご大層な工作機械持ってません。
ドリルスタンドとルーターを上手く使ってフライス風加工を施して何とかブローバックするようにはなった。

ルーターに先端が平らなビットをつけて削る


何とか平面ぽくできた

文章にすると簡単なのだがスライドに付けたり外したりちまちま研磨したりと微調整が面倒くさい。やっぱりフライス盤が欲しい今日この頃。


おまけ:KJ GLOCK19の現在形写真集

・ウェポンライトはStreamlight TLR-3


・前後サイトはルミノーバ塗布で蓄光仕様


・マガジンはWE製が一番小気味良い

・ABSスライドはヘビーウェイトスライドのドカッとした反動に比べるとビシビシと素早い動きで連射するときいい感じ
  


Posted by COM at 00:01Comments(0)GLOCK19Maintenance

2018年01月28日

2018.1.27 宮崎のHAWK WOODへ行ってきた




タガート氏や不破氏がおススメしていた宮崎県川南町にあるサバゲーフィールド、HAWK WOODへ行ってきた。

フロントガラスも凍るほど冷え込んだ土曜の早朝に出発、高速をぶっ飛ばして約2時間半で到着。


フィールドオーナーの高木氏はまだ若い好青年であった。元豚舎を買い取って手直ししアウトドア(バリケが立ち並び、地面は砂利敷き)とインドアフィールド(制作途上)を作り上げている。まだまだ現在進行形とのことだ。




シューティングレンジあり。40m以上あるかな?
BB弾の販売はあります。
コカコーラの自販機もあり。トイレは簡易設置型。近所にコンビニ(セブンイレブン)があるのでなにかと便利かも。

色々と話し込んでいるとOさんという方が加わりゲームを始めることに。

私が初めてという事もあり、まずは高木氏と私対O氏での時間無制限殲滅戦(ガン回し)スタート。奇しくも全員得物はエアコキ(1911、USP、M3ショーティ or Mk23)である。40m×40mほどのフィールドであるが皆動き回るタイプのようで、毎回早めに決着が付く。運動量が半端無い。そして皆上手い。ナイスヒット、ナイスヒットコールの連発であった。
休憩を挟んでチーム替えをしてとひとしきり遊んでお昼休憩。


焚き火を囲んで色々と語り合うのもこれまた楽しい。共通の話題には事欠かないので、とても初めて顔を合わせたとは思えないほど盛り上がった。
定期的に10禁デーも開催しているそうで、サバゲーマーの裾野を広げる意味でも良い取り組みだと思った。

午後からはちらほらと来客があり、初め高木氏とタイマン戦をしていたが観戦していたKさんも触発されたのか参戦して三つ巴戦で汗をかいた。これがまた違った緊張感で神経と体力をすり減らすわけだが、とにかく楽しいのである。サバゲーでこんなに動いたのはいつ以来だろう。

少人数であはったが全員エアコキハンドガン、手馴れた面子、面白いフィールドと好条件が揃ったのも大きい。また是非とも行ってみたい。多人数でどう化けるかが楽しみ。


オーナー高木さん、来店された皆さん、ありがとうございました。また会いましょう。


動画をいくつか。

2018.1.27 HAWK WOOD 殲滅戦(エアコキハンドガン戦) その1


2018.1.27 HAWK WOOD 殲滅戦(エアコキハンドガン戦) その2  


Posted by COM at 11:47Comments(0)AirsoftUSPExpedition

2017年12月13日

水曜日のラムラムへ行ってきた

やっとまとまった休みが取れたので11月下旬に東京めぐりをしてきた。
はじめサバゲー遠征は考えていなかったが折角なので公共交通機関を駆使して行ける範囲で攻めてみた。サバゲー荷物は最小限にエアコキUSPとマガジン二つ、ゴーグル、フェイスガード、グローブ、BBローダーとBB弾のみ。

時間と距離を考えると東京までは飛行機で移動することになる。ここで問題になるのがエアソフトガンをどうやって運ぶかだ。webで検索すると先人たちの試行錯誤が伺える。ナーフは機内持ち込み荷物でもノーチェックだったとかの話も。
エアコキUSPは手荷物の方に入れて、チェックの時に「エアソフトガンが入ってます」と申告すると係の方が映像を見ながら「ガスガンではないですね?」「はい」で無事通過した。中を開いて確認されるかと思っていただけに拍子抜け気味。

羽田空港到着後に寒風吹きすさぶ(でも日光は暖かかった)展望デッキで行動予定を立てつつ移動を開始。秋葉原巡りの後いつもの定宿へチェックインし、バス・電車を乗り継いで葛飾区のインドアフィールド、エアソフトゲームスタジオ ラムラムへ。

水曜の夜は破格の「水曜日1000円フリーゲーム会」が開催される。ラムラムと言えば木曜日の「木ラム ガンがん廻しゲーム会」が有名で、実際去年参加してレベルの高い闘いを垣間見てきた。最近はUAB勢がしのぎを削る場となっているような印象を受けるのはwebでしか情報を得られないからか。

集まった面々は中々に個性的で年齢層も幅広いものだった。エアコキハンドガンのカスタム(軽いトリガーに見易いサイト)をされている方、東京マルイのCAR-15を使っている方、秋葉原で購入したばかりの電動ガンを即実戦投入された方、エアコキM4をパトリオット風に改造された方等々。最終的には12人での殲滅戦、フラッグ戦、カウンター復活戦、エアコキハンドガン限定戦などを楽しんだ。皆クリーンで上手いのも特筆すべきであろう。

ラムラムは俗に言うバリケフィールドであり正面の撃ち合いがメインとなる。身を隠しつつ素早く敵を捉えて正確な射撃が必要だ。そう、苦手なクイックである。しかし前に出るスタイルも通したい。結果はやられてばかりとなる訳だが、会心のクイックシュートも決まったり裏を取ったりフラッグゲットもできた。

私よりもお年を召した方も数人、話を聞くと皆出戻りゲーマーである。常々思うのは1Jパワー制限のある現在の方がよりゲームを楽しめるのではなかろうかと。そんなカムバックゲーマーを大切にするラムラムのオーナーであるワンダーさんとも色々語ってきた。良き人柄のもとに良きゲーマーが集うのであろうと思った東京の小雨降る夜。続く。

水ラムのゲーマーたち
  


Posted by COM at 20:52Comments(0)AirsoftUSPExpedition

2017年10月17日

ウェポンライトのレンズが割れたので修理する


エアコキUSPに取り付けられたSTREAMLIGHT TLR-3。独自レールを持つUSP専用マウントが用意されている稀有なライトである。


ゲームに参加した翌々日にトイガンの点検をしていたらなにやらレンズが白濁しているな…と思ったら粉砕していた。
耐衝撃フィルムを貼っていたのでガラスの飛散防止には役立ったようだ。割れたら意味無いだろと独り言ちる。
記憶を手繰るが、ゲーム中に割れたのではなくバッグの中でマガジンと干渉して強く押されて割れたっぽい。
販売店によるとレンズの交換部品はないようで、LEDモジュールassy.ごとの交換部品は6500円ほどである。しかも品切れ。入荷未定。

説明では分解不可となっているが、形あるもの全てばらせる筈をモットーとする私の見立てによると裏側の奥まったところにあるカニ目を回せばLEDモジュールが外せそうだ。カメラのレンズをばらしたことがある人ならピンとくるだろう。もっとも最近の交換レンズは接着が多用してあり分解イコール破壊のようだ…。恐るべしコストダウン優先。何にしても修理して長く使えるほうがエコだと思うんだが。

さて、奥まっている上に幅が1mmほどしかないのでレンズ分解のようにカニ目レンチ代わりのディバイダーも使えない。困った。一両日ほど経過してから、円筒形タイプのカニ目レンチを自作すればいけるのではないかと閃く。
早速ホームセンターの水道用品コーナーで直径25mmの薄厚パイプを入手し差し込んでみるも直径24mmでないと入らないようだ。散財してしまった…。

お次はアルミの薄板を丸めてパイプ状のレンチを作ることにする。円周は2πRだったかなと計算しつつアルミ缶を切って試作してみたらあっさり回り、外装とリフレクター&LEDモジュールに分解できた。


なせば成る。販売店サイドとしては特殊工具が必要となるから素人には分解不可と言っておくスタンスなのだろう。モジュールごと売ったほうが簡単だし儲かるし。


あらかじめ入手していた1mm厚のポリカーボネート板を切り出し、外側にスマホ用フィルムを貼り付ける。ゴムパッキンに挟み込んで元に戻して例の試作アルミ板レンチで締め付けて修理完了。因みにこのレンチは爪が折れて使えなくなった。アルミ缶って結構薄くて脆い。次回はもっとちゃんと作ろうと思う。


透明度も問題ない。


ウェポンライト用のパワーLEDって結構熱を持つので溶ける可能性もあるけど、連続点灯する使い方はあまりしないので大丈夫だろう。その時はまた修理すればいいのだ。


今更だけどレンズガードも自作してみた。素材は今や見ることもないフィルムケース。フィルムカメラも趣味なので。  


Posted by COM at 21:37Comments(2)EquipmentsMaintenance

2017年10月15日

ガッツポーズ

朝晩涼しくなってきた今日この頃、ご機嫌如何でしょうか。

ご存知の通り、殆どインドアフィールドしか行かないのでメインウェポンはハンドガンに落ち着いた。ガスブロで始めて後半はエアコキ一本で行くのがいつものスタイル。

とある日曜の夜は濃い面子ばかり4人残り、ローライトの中2対2でかなりの緊張感を伴う闘いの様相を呈していた。そんな時でもエアコキUSPでゲームに臨む。むしろ少人数戦でこそ威力を発揮したい。いつも最前線を目指すインファイターなので上手くいけば正面突破、大抵はあっさり討ち死に状態なのだが。

この日のラストゲームはスタート地点ランダム(サイコロを振る)で酒場の上下でのスタートになった。両チーム共に一筋縄では行かないタイプばかりなのだが、如何せん地の利が悪い。一人が陽動をかけると言う簡単な作戦を立てる。

表は一階B地点スタート。ryoさん足早に酒場を抜け、二階の敵チームの注意を引き付ける…もあっさりダウン。身動きできなくなった私は結局時間切れで終了。

裏は二階D地点スタート。またしてもryoさん橋を渡り敵を酒場から引きずり出す事に成功、こっそり出てきたF師匠を狙撃。一発目は外したのでちょいと焦った。敵チームのもうひとり、〇わ隊長が気配を消しつつ階段を上がってきた…ところが僅かな足音が聞こえ、振り向きざまにダウンを奪うことに成功。強敵を倒した達成感と緊張感からの解放からか思わずよっしゃーと声が出てガッツポーズまでしていた。

近距離でも慌てていると外れることが多いので初弾を外していたら多分私の負けだっただろう。その辺も含めてエアコキハンドガンでのヒットは何とも言いがたい満足感が得られるのもいいところだと思う。

これを読んで興味を持った貴方も是非エアコキハンドガンの世界へ。ばら撒くばかりが勝利の方程式じゃないのです。弾の消費も少ないので財布にも優しいよん。

暗闇に光る蓄光サイト


  


Posted by COM at 19:06Comments(2)AirsoftUSP

2017年09月02日

マッドドッグマックリーのガンをライトウェポンにする


ウェポンライトならぬライトウェポンを作ってみた。ただのライトです。弾じゃなくて光しか出ません。
ガワは古(いにしえ)のLDゲーム、マッドドッグマックリー(1990 American Laser Games)のガンである。実家に眠っていたのを引っ張り出してきた。アルミ合金製で言うなればフルメタルなので結構ずっしりくる。


中には受光素子とスイッチ、基板が収まっていた。


20代前半の頃はゲームセンターに入り浸っていた。ゲーマーだった。ある日突然入荷した大型筐体のマッドドッグマックリーはレーザーディスクゲームである。画面をガンで撃つ事で話が進んでいく。アメリカ製で元は英語なので日本語に吹き替えてあるのだがその独特の台詞回しが面白くて結構やりこんだ。難易度はそこそこ高く、パターンを覚えなければクリアは難しかった。もちろん抜き撃ちの技術もね。

その為かゲーマー達の激しいトリガーワークでガンが故障し、代わりに新品がアッセンブリーで送られてきたのでお古を貰い受けた。分解してみたらスイッチが接点不良になっていただけだった。


暇なときはホームセンターをぶらぶらするのが好きで、セール品とか覗いていたら単三電池×1本の1W LEDライトの出物(ELPA DOP-014BK)が大量にあった。その細さを見た瞬間にこれは例のガンの中に入るのではと閃いた。550円+消費税である。発売時の定価は3000円ほど。


LEDライトがちょい太かったのでガワの方をルーターで削った。激安ルーターはトルクが小さくて使いにくい。後日ちょっといいやつを購入することなる。安物買いの銭失いとはよく言ったものよ。


こんな感じでぴったり収まった。
明るさは50ルーメンくらい?かなりスポットな配光です。

左手にライトウェポン、右手にガスブロハンドガンでゲームに参加してみたけど重くてたまらん。セーフティで話のネタにするのが正しい使い方だったのは言うまでもない。


YouTubeにプレイ動画があった。いやー懐かしいねぇ。

Mad Dog McCree (DVD-Japanese) マッドドッグマックリー DVD版 日本語音声
  


Posted by COM at 20:32Comments(0)Equipments

2017年08月29日

コンセプトは仕事帰りにふらっとサバゲー

まだまだ暑い日が続く今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

仕事して飯食って寝ての繰り返しが日常ならば、週末のサバゲーは非日常?
日曜出勤のあとにふらっと…な装備で参加してみた。

概ね3対3~2対2での殲滅戦、防衛戦がメイン。ローライトでの戦いが多く、足音には異常に気を遣う。ライトも効果的に使いたいし、大胆な切り込みと動きの読みあい等の心理戦も駆使しないとならん。

21時半ごろにフィールドマスター中村氏も参戦して特殊ルールでのゲーム回しをいくつか。スタート位置を入り組ませたり、スタートの合図の後誰かが金属板を撃ったらバトルロワイアル開始とか、言わば実験ゲームである。

経験豊富な強面ゲーマー(笑)の面子ばかりなのでそれはそれはとんでもなく濃密な数時間であった。

戦果はまさに撃って撃たれて。休憩中にお互いの戦い方を褒めたりヒット時の状況を確認したりと研究に余念の無い強面たち。相手の動きの読みあいにも繋がるし、コミュニケーションはより楽しむためにも重要よね。

ちなみに「ふらっとな装備」はいつものエアコキUSP+TLR-3(ウェポンライト)にフェイスガード付きゴーグル、グローブ、キャップ、マーカーとBB弾のみ。少人数でこそ活きるエアコキハンドガン遣いになるべく奮闘中なり。


  


Posted by COM at 01:10Comments(0)AirsoftUSP

2017年07月12日

利き目の話



皆さんトイガンの照準をする時はどちらの目で覗いています?
古くは私の彼は左利き…とかあったような気もするがどうやら利き目と言うものもあるらしく、右利きが多いから利き目も右だとは限らないようだ。勿論その逆も。

色々調べてみると簡易的な利き目判定のやり方があった。例えば数メートル以上先のものを凝視した後に指を差し、片目ずつ閉じてみてずれが生じないほうが利き目らしい…のだが、右手で指差すと右が利き目となり、左手で指差すと左が利き目になる。あれ?



言われてみれば左にスイッチしたときは無意識に左目で照準している。これって利き目がない、つまり両利きってことか。
若い頃から視力が悪くてずっとメガネユーザーなのだ(コンタクトは肌に合わなかった)が、左右ともほぼ同じ程度に悪いのが幸いしているのかもしれない。

折角左手に持ち替えても右目で覗いていたら顔がそのぶん壁(バリケードや遮蔽物)からはみ出してしまうことになるわけで、左のときは左目が理想ではある。
しかし肝心の射撃の腕は左だとボロボロなのであまり有利ってほどでもないのが現実であった。


  


Posted by COM at 00:11Comments(2)Airsoft

2017年06月29日

CAR-15の給弾不良



先日のKSDフィールド貸切戦(6/12)では全く思うような動きが出来なかった。そもそも長物の扱い方がヘタすぎた。そのあたりがずっと燻っていた今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

まずはダットサイトのゼロインが必要かと言うことでLAGOONへ調整に行ってみたらスプリングマガジンと多弾マガジンのフルオートでの給弾不良発生。どうやらタペットプレートの劣化でノズルが後退しきれていないのが原因らしい。

webで注文していたパーツが入手できたので朝からバラバラ殺人事件。メカボも全バラして完全洗浄、シム調整もやり直す。
肝心のタペットプレートは前部を削りノズルの延長効果を狙う。同時にセクターギアの軸に当たる部分も少々削る。webで得た知識を真似してみるのだ。
参考リンク:
タペットプレート: 秋田の武器商人ブログ
タペットプレート: XM16E1とかが好きなパカ山のブログ
エアガンカスタム カスタムM4(AR)の初速が出ないときはここをチェック!その2: さばなび
6.メカボ内部品を調整しよう: A&K製M249/MK46/PKM を自力で撃てるようにしよう

いざ組み上げて試射すると弾上がりは上々なれど0.2gでの初速が82m/sしかない。5m/sも低下しているではないかと言うことで長い戦いが始まるのであった。

再度ばらしてピストン内にスペーサーを追加してみたり、タペットプレートを削り直したり、シリンダー内のグリスアップをやり直したり、チャンバーとメカボの密着度を上げてみたりと悪戦苦闘して最終的に88m/sで落ち着いたのでこれで良しとする。気が付けば半日費やしていた。そりゃ腹も減りますよ。


知る人ぞ知るCAR-15は1998年頃購入。まだまだこいつで頑張るよ。



  


Posted by COM at 00:57Comments(0)CAR-15Maintenance